更年期対策のために知る「女性ホルモン」とは?

更年期対策のために知る「女性ホルモン」とは?

女性の更年期緩和・対策するためにはまず「女性ホルモン」の動きを把握しましょう!

「女性ホルモン」ってなあに?

元気な卵巣は、「エストロゲン」とプロゲステロンという二つのホルモンを分泌しています。

これらのホルモンは、女性性に深くかかわるホルモンのため「女性ホルモン」と呼ばれています。

毎月、定期的に月経をもたらすのも、この二つのホルモンの働きによるものです。

そのほか「エストロゲン」は乳房を発達させ たり、

皮下脂肪を蓄えて、丸みを帯びた女性らしいからだつきをつくったり、頸管粘液の分泌をうながして精子をむかえ入れやすくしたり、腟の自浄作用を促進するなどの作用があります。

また骨をつくる細胞や皮膚のコラーゲンの増殖を促進したり、血液の凝固を防ぐ働きもあります。

いっぽうプロゲステロン(黄体ホルモン)は、子宮の増大や内膜の脱落などの変化をもたらしたり、また体温を 上昇させたり、視床下部に働きかけて性腺刺激ホルモン放出ホ ルモンの分泌を抑制したりします。

女性ホルモンのピークは25歳

更年期以前のホルモン 卵巣が活発に働くピークは25 歳ごろです。

その後、卵巣から 分泌される「女性ホルモン」はじょじょに減ってきますが、 40歳ごろま では大きな変化はみとめられません。

やがて40歳をすぎて卵巣機能の低下が進んできても、はじめ のうちは間脳にある視床下部が命令して、脳下垂体がホルモン をどんどん分泌して卵巣に排卵を指示すれば、命令にしたがって排卵がおき、しばらくは卵巣からのホルモンの分泌もまだつづきます。

そのため月経はおこりますが、そのうちいくら命令 しても排卵がおきにくくなり、無排卵の月経や月経不順がおこ るようになってきます。

更年期の女性ホルモンとその影響

このように卵巣が機能低下するにしたがって「女性ホルモン」はだんだんに減少していきますが、このとき問題なのが視床下部 の働きです。

視床下部は月経リズムをなんとか保とうと活発に働き、一種の興奮状態におちいってしまうのです。

ところが視床下部は、ホルモンなど内分泌系の中枢であると同時に、自律 神経の中枢をつかさどっているところです。

その視床下部が女 性ホルモンの分泌減少に異常反応をしめすことで、自律神経に 影響を与えて大きな乱れが生じ、結果としてさまざまな自律神 経失調症状をおこすことになってしまうのです。

これが更年期 の症状を引きおこす最大の原因です。

更年期以降のホルモン 卵巣の機能が停止し、「女性ホルモン」の欠乏状態がおこると、 からだの中では、このアンバランスをたてなおす作用が働きは じめます。

卵巣にかわって肝臓の上にある副腎皮質などが、そ の役目を引きうけていくのです。

副腎皮質では、卵巣機能が正常に働いているときから、少量 の「エストロゲン」を分泌していますが、卵巣からの分泌が減って きた分をも、副腎皮質が分泌を増やして、ホルモンのバランス を整えようとしはじめます。

すべてがおぎなえるわけぞはありませんが、更年期が終わる ころには、ホルモンの状態は不十分ななりに安定してきます。

さまざまな器官で 分泌されているホルモン

ホルモンとはギリシャ語で「よびさます」という意味の言葉です。生 殖器(女性は卵巣、男性は睾丸)や脳 下垂体からだけでなく、甲状腺や副 甲状腺、副腎皮質、すい臓、腎臓な どからも分泌され、その数は100 種類以上あることがわかっています。

そしてそれぞれのホルモンは互い に作用しあいながら、からだの調子を整えています。

25歳は お肌の曲がり角?

よく「あ肌の曲がり角は25 歳」とい われます。

これはちょうど「卵巣から 分泌されるホルモンが減少しはじめる時期」と一致しています。

卵巣から 分泌されるホルモンには、肌をみずみずしく保つ働きがあるため、この ようにいわれているのでしょう。

しかし実際には、25 歳でそれほど 大きな変化を見ることはできません。

男性ホルモンと「女性ホルモン」

卵巣で分泌されるホルモンは、女性 ホルモンとよばれてい示すが、同じように、男性の睾丸で分泌されるホ ルモンは男性ホルモン(アンドロゲン/テストステロン)とよばれてい ます。

しかし、この男性ホルモンは男性 特有のホルモンではなく、女性のか らだ(副腎皮質)でもつくられてい ます。

また男性のからだでも女性ホ ルモンがつくられます。

⇒ 更年期はサプリメントで治す時代って本当?